The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛
アウンサンスーチー、ノーベル平和賞の裏側にあった家族の愛の物語。

ビルマ(現ミャンマー)民主化運動のリーダーであり、その非暴力による民主化と人権回復をめざす闘いを評価され、1991年にアジア女性としては初のノーベル平和賞を受賞した、アウンサンスーチー。 長きにわたる自宅軟禁生活を強いられながらも、強い意思を持ち続ける彼女の姿は、日本でもたびたび報道され、多くの人に知られている。 軍事政権との苛酷な闘い、民衆を魅了したしなやかな強さ、そして遠く異国の地で引き裂かれ、その死にも立ち会うことが叶わなかったイギリス人の夫との深い愛。常に明日への希望を持ち続ける彼女の半生と知られざる物語を描く。

The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛
作家のレベッカ・フレインが関係者へのインタビューを重ね書き上げた脚本に、ミシェル・ヨーとリュック・ベッソン監督が心を動かされ映画化が実現。アウンサンスーチーを演じるミシェル・ヨー(「グリーン・デスティニー」)は、容姿のみならず、スーチー氏の話す英語、ビルマ語を完璧にマスターし、監督、共演者、エキストラから「本人そのものだ」と驚嘆の声があがるほどの熱演を魅せる。イギリス人の夫役には、演技派のデヴィッド・シューリス(「ハリー・ポッター」シリーズのリーマス・ルーピン役)。
The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛解説

ビルマ(現ミャンマー)の非暴力民主化運動の指導者で、1991年にはアジア人女性として初のノーベル平和賞も受賞したアウンサンスーチー氏の半生を描くヒューマンドラマ。軍事政権との過酷な戦いや民衆を魅了する強さ、イギリス人の夫マイケル・アリスとの愛情などが描かれていく。作家のレベッカ・フレインがスーチー氏の関係者へ取材を重ねて執筆した脚本を、リュック・ベッソン監督のメガホンで映画化。主演はミシェル・ヨー。夫のマイケル役に英国の名優デビッド・シューリス。
1988年ビルマ。英国で幸せな家庭生活を送っていたアウンサンスーチーは病気の母のため久しぶりに祖国に戻り、軍事政権が民主主義運動を武力で制圧する惨状をまのあたりにする。死後も国民から敬愛されるアウンサン将軍の娘であるスーチーに、民主主義運動家たちがリーダーになる事を懇願する。選挙に立候補する事を決意したスーチーだったが、それは軍事政権との長い闘いと、家族とひき裂かれるつらい生活の始まりでもあった…。
スタッフ
監督 リュック・ベッソン
脚本 レベッカ・フレイン
ビルジニー・ベッソン=シラ
アンディ・ハリス
撮影 ティエリー・アルボガスト
音楽 エリック・セラ
キャスト
ミシェル・ヨー アウンサンスーチー
デビッド・シューリス マイケル・アリス/アンソニー・アリス
作品データ
原題 The Lady
製作年 2011年
製作国 フランス・イギリス合作
配給 角川映画
上映時間 133分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト

Leave a Reply

Copyright © 2012 映画情報 · All rights reserved · Designed by Theme Junkie
Powered by WordPress