ゴッド・ブレス・アメリカ

ゴッド・ブレス・アメリカ

『ゴッド・ブレス・アメリカ』(英語 : God Bless America)は、アメリカ合衆国の作詞・作曲家アーヴィング・バーリンが1918年に作詞・作曲した曲。
概要
当初は注目されなかったものの、第二次世界大戦直前の1938年にケイト・スミスが唄ったラジオ放送を中心に人気になり、第二次世界大戦中にアメリカ中に広まることとなった。

「神よアメリカを守りたまえ」という愛国的な歌詞ということもあり、「アメリカ合衆国第2の国歌」などともいわれるが、アメリカ合衆国政府が認定したわけではない。しかし学校や軍隊、大統領就任式のみならず、ボーイスカウトから大リーグワールドシリーズでも唄われることなどから、事実上「アメリカ合衆国第2の国歌」であるといえる。

2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件から復旧したニューヨーク証券取引所でも流れた。ニューヨーク証券取引所以外でも、同テロ事件以降アメリカ国民は様々な場所で「ゴッド・ブレス・アメリカ」がラジオやテレビで流されてまた唄われた。現在はセリーヌ・ディオンがうたったものが有名である。
強烈なコメディ描写で定評のあるボブキャット・ゴールドスウェイトが描く異色のロード・ムービー。人生に失敗し、自暴自棄になった中年男と、ティーンの少女が、社会の癌ともいうべき人々を殺しまくる様子を過激なバイオレンスとブラックユーモアを織り交ぜて描く。ヒロイン役に扮した若手女優タラ・ライン・バーの活躍に注目。

ゴッド・ブレス・アメリカ

ゴッド・ブレス・アメリカ

ジャンル 青春ドラマ
気分 ストレスが発散できます
原題 GOD BLESS AMERICA
製作年/国 2011年/米
配給 トランスフォーマー
ヘッド館 シネマライズ
公式サイト www.gba-movie.com/
時間 104分
公開日 2012年7月28日(土) [上映館]
監督

ボブキャット・ゴールドスウェイト

Leave a Reply

Copyright © 2012 映画情報 · All rights reserved · Designed by Theme Junkie
Powered by WordPress