ウェイバック-脱出6500km-

ウェイバック-脱出6500km-

ウェイバック-脱出6500km-


『ウェイバック -脱出6500km-』(The Way Back) は、第二次世界大戦中にシベリアのグラグ (矯正労働収容所) から逃れる一行を描く2010年のアメリカの戦争ドラマ映画。ポーランド人のスラヴォミール・ラウイッツによる1955年の書籍『脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち』にインスパイアされてピーター・ウィアーとキース・クラークが脚本を書き、ウィアーが監督を務めた。
ウェイバック-脱出6500km-ストーリー

故国に妻を残しシベリアの収容所に連れてこられたポーランド人ヤヌス (ジム・スタージェス) は、スミス (エド・ハリス) というアメリカ人に出会い脱獄を持ちかけられる。ロシア人のワルカ (コリン・ファレル) ら数人と綿密に計画を練り、彼らは真冬のシベリアに飛び出す。途中ポーランド人の少女イレーナ (シアーシャ・ローナン) が加わり、結束しながら氷点下の世界をひたすら歩く。しかし、ようやく辿り着いたモンゴルとの国境にはスターリンを讃えるアーチがあった。モンゴルはすでに共和制となっていたのだ。中国は安泰ではない。灼熱のゴビ砂漠、世界の屋根ヒマラヤを越えて彼らはインドを目指す。
「刑事ジョン・ブック 目撃者」「マスター・アンド・コマンダー」の名匠ピーター・ウィアーが、スラボミール・ラウイッツによる手記「脱出記 シベリアからインドまで歩いた男たち」を映画化した実録冒険ドラマ。1940年、スパイ容疑でソ連当局に逮捕されたポーランド軍人のヤヌスは、極寒のシベリア強制収容所に収監される。ヤヌスは収容所内で出会った仲間6人とともに収容所からの脱出を図るが……。出演はエド・ハリス、ジム・スタージェス、コリン・ファレルに、「つぐない」のシアーシャ・ローナン。
作品データ
原題 The Way Back
製作年 2011年
製作国 アメリカ・アラブ首長国連邦・ポーランド合作
配給 ショウゲート
上映時間 134分
映倫区分 G
オフィシャルサイト

Leave a Reply

Copyright © 2012 映画情報 · All rights reserved · Designed by Theme Junkie
Powered by WordPress