リヴィッド

リヴィッド

リヴィッド


ヴァンパイア神話を独創的にアレンジ
世界を震撼させた衝撃作『屋敷女』から5年。ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロが贈る未体験の絶叫恐怖世界。

リヴィッド解説

「屋敷女」(2007)で長編デビューしたジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督が、古い屋敷に忍び込んだ少女たちが直面する恐怖を幻想的な映像で描いたフレンチホラー。介護ヘルパーのリュシーは、かつて厳格なバレエ教師として名を馳せ、今は寝室で寝たきりの生活を送る資産家の老婦人ジェセルの邸宅に、秘密の財宝が隠されているという話を耳にする。リュシーは、ボーイフレンドのウィルと悪友ベンを誘い、夜中にジェセルの屋敷に忍び込むが、死んだはずのジェセルの娘アナが純白のバレエ衣装に身を包んで現れ、恐ろしい惨劇が始まる。
『ハイテンション』『マーターズ』など、世界のホラー・ムービーをリードするフレンチ・ホラーから、新たに世界を震撼させるホラー映画のマスター・ピースが誕生した。監督はデビュー作『屋敷女』の大ヒットで世界的フレンチ・ホラー・ブームの火付け役となった、ジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロ。監督2作目となる本作は、『ピラニア3D』編集のバクスターなど『屋敷女』のスタッフが再結集し、これまでの暴力路線からファンタスティック路線にシフトチェンジした、全く新しいタイプのホラーを作り上げている。ヴァンパイアの神話を現代的にアレンジし、幻想的で詩的な世界とヴァンパイアが引き起こす残酷描写という異なるものがミックスされた独特のホラー映画である。ホラー映画の名作『サスペリア』のオマージュも込められている。世界的ダンサーであるマリー=クロード・ピエトラガラをはじめ、カトリーヌ・ジャコブ、ベアトリス・ダルなど実力派女優陣や期待の若手女優クロエ・クールー等話題のキャストが出演している。
作品データ
原題 Livide
製作年 2011年
製作国 フランス
配給 キングレコード
上映時間 92分
オフィシャルサイト

Leave a Reply

Copyright © 2012 映画情報 · All rights reserved · Designed by Theme Junkie
Powered by WordPress