依頼人,韓国映画 依頼人

依頼人,韓国映画 依頼人
『依頼人』(原題: The Client)は、1994年に製作されたアメリカ映画である。原作小説『依頼人 The Client』(新潮社、小学館刊行、ジョン・グリシャム著、白石朗訳)を映画化したものである。VHS題、DVD題は『ザ・クライアント 依頼人』。
偶然自殺の現場を目撃し、ある事件について″知りすぎた″少年が過去に傷を持つ女弁護士とともに様々な利害の渦巻く社会の中で戦っていくヒューマン・サスペンス。原作は最近立て続けに「ザ・ファーム 法律事務所」「…
上院議員殺しの真相を知る弁護士が自殺した。検事局は、目撃者の11歳の少年マークの口を割ろうと執拗な接触を図る。頼る者のないマークは、わずか1ドルで女弁護士(S・サランドン)を雇うが……。「ペリカン文書」「ザ・ファーム/法律事務所」に続くJ・グリシャム原作の法廷サスペンス。

 

依頼人
依頼人ストーリー
11歳の少年マーク・スウェイはテネシー州メンフィスの森の中で弟のリッキーとタバコを吸っていた。そんなとき、弁護士、ジェローム・クリフォードが排ガス自殺しようとしているところを目撃する。マークは排気パイプからホースを抜くが、弁護士に見つかり、心中を迫られる。その会話の中で行方不明のボイエット議員を彼の依頼人、バリーが殺害したことや遺体を隠した場所を知ってしまう。弁護士からは逃げ出したが、追いかけた弁護士は拳銃自殺、リッキーはそのショックでPTSDになってしまう。

秘密を隠していたマークだったが、警察の手によりマークの指紋が採取され、クリフォードと接触があったことが知られてしまう。さらにマフィアは殺し屋をメンフィスへ向かわせ、マークに「ばらしたら殺す」と脅しをかける。

警察、FBI、マフィアから迫られ、追いつめられたマークは病院で拾った弁護士事務所のチラシを元に事務所へ向かい、たった1ドルで弁護士のレジー・ラブを雇う。

夫の裏切りにより家族を失うという傷を抱えた中年女性が依頼人の子供を守るため、野心家の検事「牧師」ロイ・フォルトリッグと丁々発止のやり取りを繰り広げる。
キャスト・スタッフ – 依頼人(1994)
監督 ジョエル・シュマッカー
出演 スーザン・サランドン
トミー・リー・ジョーンズ
ブラッド・レンフロ

>>『依頼人(1994)』キャスト・スタッフ一覧
作品情報 – 依頼人(1994)
原題 The Client
製作年 1994年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース

Leave a Reply

Copyright © 2012 映画情報 · All rights reserved · Designed by Theme Junkie
Powered by WordPress